« 寺下先生の右脳開発ミニセミナー | メイン | 田中真澄さん講演会にエントリー »

2004年10月02日

109冊目 なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?

なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?
ジョン・キャパス (著), 石井 裕之, 英 磨里 (翻訳)

選んだ理由:フォトリー仲間の脇坂さんのおすすめ。お借りました。

準備→予習なし→ステップ3×50
スーパーリーディング+ディッピング ×3
読破時間:20分

メモ:プラス思考や成功哲学だけではモチベーションが維持できない。
そんな人のために、カンタンに自分にとっていい習慣を続けられるための
テクニックが書いてあります。

それは、「メンタル・バンク」コンセプト。

簡単に言うと、自分にとっていいことをすると、それを時給で換算して帳簿に
付けていくのです。ただし、時給は25000円。
毎日寝る前に「今日はいくらたまったなあ」と、気持ちよく寝る。
よいことがあれば、それも書く。
とてもよいことをしたら、ボーナスとかも出しちゃう。

これだけです。

あとは、100万円たまったら投資にまわす。実際の株でも金でもいいから、
自分で分析して、買ったことにする。上がったら売る。


すごいなと思ったのは、全ての人にとって共通の幸せの基準である「お金」を、
自分の理想的な行動と結びつけていることです。うまいこと考えたなあ。
投資を通じて経済的なセンスも身につくし。

これなら無理なく楽しく続けられそうです。
そのうちに、潜在意識が再プログラミングされて、ワクワクした人生になれそうです。

投稿者 kitacchi : 2004年10月02日 06:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bagheera.s58.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/15

コメント